新宿ストレスクリニックが行っているTMSとは

2020年8月現在においても、うつ病が100パーセント完治する治療法は確立されておりません。しかし、症状に合わせて効果的な治療方法は次々と登場してきました。これはうつ病の研究が進んできたために、新しい研究結果が登場し、うつ病という病気への理解度がアップしているからです。こちらでは、うつ病の効果的な治療法について調べてきたことをご紹介していきます。

メンタルクリニックに行かずにできるうつ病の治療法


うつ病の治療には、専門医のいるメンタルクリニックに通う事が一般的ですが、仕事が忙しくてメンタルクリニックに通う事ができないという方も多いと思います。まずは、自分にできるアプローチを試して様子を見るという方法もあります。

自分でできるうつ病への効果的なアプローチ方法として挙げられるのは、やはりライフスタイルの改善になります。うつ病の症状を改善させるためには、健康的な生活をすることがとても重要になります。例えば、しっかりと睡眠時間を確保したり、睡眠のクオリティをアップさせるために、枕やベッドを新調したり、アロマオイルを用意するなどの方法なども、うつ病に非常に有効なアプローチとなっております。また、栄養バランスの整った食生活に改善したり、ウォーキングや筋トレなど定期的に体を動かすことも重要になります。ストレスを溜め込まないように、必ず長めに半身浴をするのもおすすめです。

メンタルクリニックでできるうつ病の治療法


メンタルクリニックで行ううつ病へのアプローチとして有効なのが薬物治療になります。日本国内では、主にSSRIやSNRIなどの抗うつ薬が処方されるようになります。抗うつ薬にプラスする形で、その人の症状に合わせて非定型抗精神病薬や抗不安薬、睡眠導入薬、気分安定薬などが処方されることになります。こういった薬は、相性がありますので相性がばっちりでしたらかなり症状を軽くする効果が期待できます。

こういった薬物治療と合わせて精神療法なども取り組んでいきます。うつ病に非常に効果が期待できるのが認知行動療法と対人関係療法です。行動療法と対人関係療法をすることによって、うつ病の症状を改善させるだけでなく、うつ病の原因を元から除去することが期待できるのです。

新宿ストレスクリニックが行っているTMS治療法


新宿ストレスクリニックが行っているTMSは、日本国内で最先端のうつ病の治療法になります。これまでのマシンを使った治療法と比べて人体への影響が少ないながらもしっかりと治療効果が期待できるアプローチ方法になります。

新宿ストレスクリニックが行っているTMSは、マシンによって強制的に磁場を発生させ、手では届かない脳の内部にある神経細胞に導電流による刺激を与えます。うつ病によって低下してしまった脳の血流を増加させ、活性化させることによってうつ病の症状を緩和させることができます。新宿ストレスクリニックが行っているTMSなら、副作用のリスクが非常に少なくなっておりますので、多くの方が安心して治療をすることができます。